廃車買取

廃車Q&A

「こんな時どうしたらいいの?」廃車手続きでよくあるご質問をまとめました。また、ここに記載されていないものについてもお電話(0299-35-7788)や『各種お問合せ』にてお気軽にご相談ください。

手数料や手続き費用は?
基本的には手続きをご本人が行っていただければ手数料はかかりません。
ただし、作業が困難な場合、また、書類手続きを代行した場合は、事前にお知らせいたします。
車検証に記載してある住所と、現在の住所が異なるのですが何か書類が必要ですか?
住民票が必要になります。(自動車を登録した後、引越しなどで1回だけ住所が変わった場合)
なお、引越しなどで2回以上住所が変わった場合は、住所移転の経緯がわかるような戸籍の附表(本籍地の役所で取得)が必要となります。
所有者が信販会社、ディーラーになっている場合は廃車できますか?
できますが、ローン完済前の場合、また完済後も所有権解除手続が必要になります。
ローンが完済している場合
  1. ローンが完済しており、廃車をしたい旨を所有者(ディーラーや信販会社)に連絡して廃車手続きを行ってください。その際、以下の書類を用意して、所有者(ディーラーや信販会社)に郵送します。
    • 車検証のコピー
    • 使用者の印鑑証明証(発行後3ヶ月以内のもの)
    • 使用者の委任状(実印)
    • 住民票(2回以上引越ししている場合は戸籍の附票)
    • 返信用の封筒と290円の切手
    • ローン返済証明書のコピー又はファックス
      (取得するには、所有者(ディーラーさんや信販会社)に連絡を取り、ローン会社の電話番号を確認し、そのローン会社からローンを完済していることを証明する書類(ローン返済証明書)をファックスまたは郵送で送ってもらう)
    • 今年度分の納税証明書(コピー、ファックス可)
  2. その後、所有者(ディーラーや信販会社)から次の書類が送られてきますので、それを廃車時に一緒に提出してください。
    1. 所有者の委任状
    2. 所有者の譲渡証明書
    3. 所有者の印鑑証明書
ローンが完済していない場合
残債を完済していなくても抹消手続きはできます。
その場合、所有者(信販会社)に事情を説明した上で、 残債は継続して支払いすることを約束して、車輌自体は解体し、陸運で抹消手続きをすることになります。手続きは、ローンが完済している場合と基本的には同じです。
ただし、一部の所有者(信販会社)はあくまでも残債を完済しないと陸運局で抹消手続きをする際に必要となる書類を発行してくれない場合があります。
所有者が亡くなってしまった場合は廃車することができますか?
できます。
  • 亡くなった所有者の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内)と実印がある場合は、通常通りの手続きとなります。
  • 所有者の印鑑証明書がとれない場合は、自動車は法律上、死亡と同時に相続人の共有財産となり、相続人は遺産相続の 手続きである「移転登録」をする必要があります。
    廃車するためには、一度相続人による移転登録をした後でなければ廃車手続きはできません。
移転登録には、以下の書類が必要です。
  • 戸籍謄本(所有者(被相続人・死亡者)と、相続人全員の記載があるもので、発行より3ヶ月以内のもの)
  • 遺産分割協議書(代表者は実印、それ以外の相続人は認印の捺印が必要です。)
  • 相続人代表者の印鑑証明書(発行より3ヶ月以内のもの)
  • 相続人代業者の実印
  • 住民票 自動車を相続する権利のある人全員の住民票
  • 相続人代業者の委任状
※ただし、相続を証明する書類は、相続のケースによって複雑です。詳しくは弊社スタッフまでお尋ねください。
車の所有者と連絡が取れない、所有会社が倒産している等で、所有者の印鑑証明書が取れない場合、廃車することができますか?
残念ながら抹消登録はできません。ただし、自動車を解体することは可能です。また、自動車税事務所で税金を止める手続もできます。
以下のような流れになります。
  1. 車検証と運転免許証のコピーを用意する。
  2. 弊社へ車を持ち込む(引き取ってもらう)
  3. 弊社にて車を解体し、解体証明書を発行する。
  4. 解体証明書、車検証(コピー可)、認印を持って自動車税事務所で 手続きをする。
    (弊社にて手続きの代行も可能です)
※解体証明書の日付で自動車税の支払いを止めることができます。税金の未納がある場合はこの時点でお支払いいただくことになります。
※ナンバープレートはお客さまが引取っていただくことになります。約5年経過しますと陸運局での登録が自動的に抹消されます。
他県ナンバーの車を今の住所の近くの陸運局で廃車できますか?
できます。車の登録地の陸運局でも、現住所の陸運局でも、どちらでも抹消登録は可能です。
車検証を紛失してしまいましたが、廃車できますか?
できます。
陸運局で「現在登録証明書」を発行してもらい、 あとは通常通りの手続きで抹消登録できます。
自動車税を一部、未納ですが廃車できますか?
できます。抹消手続き後、4月から廃車した月までの自動車税の請求書が自動車税事務所から送られてきます。その時にお支払いください。
解体証明書は発行してもらえますか? 
発行いたします。解体証明書とは、所有者の印鑑証明書が取れず、陸運局での手続きを行えない場合等に利用するものです。
古物商の許可を取った自動車解体業者のみが発行でき、その会社の古物登録番号や、解体した車の型式、解体日等が記入された書類です。
登録時と苗字が変わっているのだけど、廃車できますか?
できます。婚姻等で登録時と苗字が変わった場合、苗字の変更がわかる戸籍の抄本または謄本をご用意ください。転居を伴っている場合は抄本(謄本)と戸籍の附票を合わせてとれば住民票をとる必要はなくなります。